インターネットFAXの基礎

インターネットFAXを賢く使おう!

インターネットFAXの仕組み

インターネットFAXの仕組み インターネットFAXとは、文字どおりインターネットを使ってファックスの送受信を行うサービスのことです。昨今、多くの企業で導入が進んでいます。
この仕組みはシンプルで、ネット回線を使ってファックスを送るという物です。これにより、通信費の大幅な削減が可能です。
従来のファックスは電話回線を使っていたため、遠方になるほど費用もかかってしまいましたが、ネット回線を使用することで、距離は関係なくなります。
もちろん、相手がファックスしか持っていなかったとしても、送ることが可能です。
また、出先で顧客などとやり取りする時でも、携帯などネットにつながった環境があれば、いつでもデータを確認することができます。
利用法はいろいろありますが、「日々多くのファックスを受信しており、それらを管理しやすくしたい」「コストを減らすため、ファックスを設置せずにやり取りしたい」「事務所に、ファックスを置くスペースがない」などの要望に応えることができます。

インターネットFAXのメリット・デメリット!

インターネットFAXのメリット・デメリット! インターネットFAXのメリットとしては、まずランニングコストの削減を図ることが出来る点です。
電話回線を使用しないため通話料は発生しませんし、用紙代、インク代などの消耗品の費用、本体の購入、あるいはリース費用等も一切発生しないので、低コストで効率よく利用できます。
また、紙媒体に印刷されないので、紛失や部外者に見られるといったリスクはありません。
基本的に受信したデータはPDF等のデータでパソコン内に保存されるため、パソコンのセキュリティ対策をしっかりと行っておけば、情報漏えい等のリスクを回避することができます。
一方デメリットとしては、インターネットの接続トラブルやサーバーの障害等が起きた場合には、送受信したFAXの通達の遅れや応答不可などのトラブルが起きる可能性があります。
また、パソコンやスマートフォン等のIT機器の基本的な操作方法を理解しておかなければいけません。
更に手書きの文章に関しては、先にスキャナーでデータを取り込まないといけないので、すぐに送ることが出来ないと言った点があります。