インターネットFAXの基礎

インターネットFAXを賢く使おう!

インターネットFAXの導入の決め手となる機能!

インターネットFAXの導入の決め手となる機能! インターネットFAXとは、電話回線を使用するのではなくインターネット回線を使って文書のやり取りを行うことが可能です。
インターネット回線を利用する利点を活かし、送られてきた文書をPCで受信したり、PCで作ったデータをFAX機へ送信するなど利便性が高まります。
インターネットFAXを導入するメリットは様々ですが、受信した文書をパソコン上で閲覧できるため確認が簡単という点が挙げられます。
さらにPCで作成したデータをそのまま送信できるので、わざわざ印刷する手間を省けます。環境さえ整っていれば送受信の場所を選ばないので、外出先からでも送信と受信が行えて便利です。
文書を画像データとしてPCに保存しておけば、受信日や取引先ごとに容易に整理することができ、管理の効率化につながります。
電話回線を利用するよりも低料金で通信が行え、印刷の必要がないので違い用紙やインクなどの消耗品が必要ないので、ランニングコストをゼロに抑えることができます。

インターネットFAXはどんな業界で使われている?

インターネットFAXはどんな業界で使われている? 近年電話回線を利用したファックスのは減少し、その代わりにインターネットFAXが普及してきています。
その仕組みとしては、メールでそのサービス会社にメールで送付することで、そのデータをファックスに変換して送付してくれます。
逆に受け取る場合であれば、ファックスで送付されてきたデータを登録したアドレスにメールで送付してくれます。
そのためファックスの機器がなくても、その送受信が可能になります。現在お持ちのパソコンやスマホで行うことができるため、初期投資の費用もコストカットが可能です。
またそのランニングコストに関しても、プリントアウトも選択の上できるので、インクや紙といったコストも削減できます。
そして、インターネットでの利用が可能ということは、スマホでその送受信ができるため、場所を問わずに仕様が可能です。
そのため、建設業界や保険業界などオフィスと仕事場が離れている場合には、特にその高いメリットが享受できるでしょう。