インターネットFAXの基礎

インターネットFAXを賢く使おう!

インターネットFAXの受信の仕組み

インターネットFAXの受信の仕組み インターネットFAXは従来のFAX機の受信方法と大きく異なり、受信した書類は全てインターネット上のシステムへ保存される仕組みとなっています。
これは、サービス提供元である会社のクラウド上へデータが保存される為です。受信した書類を確認したい場合には、このクラウドへログインする事で保存されている全ての書類を確認する事が出来ます。
この機能の最大のメリットは、不要なDMなどを書類が自動で印刷されない点です。これまでは届いた書類は全て紙で出力されてしまいました。
ですが、このサービスを用いることで、不要な書類はクラウド上ですぐに削除する事が可能です。その為、DMなどの不要な書類の中に重要な書類が埋もれてしまうという事態も防ぐ事が出来ます。
また全てのデータでクラウド上で管理されている事で、書類の取り違いが発生することもありません。このインターネットFAXを利用する事で、未然に多くの危険を回避する事が可能となります。

インターネットFAXの送信の仕組み

インターネットFAXの送信の仕組み 「インターネットFAX」は、インターネット回線を使ってデータのやりとりを行ないます。
パソコン等で作成した原稿データを直接送信することが出来るため、原稿を印刷する手間を省くことが出来、その分のコストを削減することが可能です。
また従来の電話回線を使った場合と違って、相手方の最寄の基地局までインターネット回線で届けられるので、遠地であっても格安な通信料金で届けることが出来ます。
このようにコストを抑えられる他にも、インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこでも利用できる(サービス提供会社との契約は必要)など利便性が高いこともあって、人気のサービスになっています。
送信する際はメールの形で行います。送信されたデータは、このサービスを提供する会社のネットワーク網を経由し、そこに置かれたサーバを介してFAX機に対応するデータに変換されます。
そして、サーバが自動で相手方のFAX番号宛に電話を掛けて届ける、という仕組みです。